きっと初心者でもわかる、HTMLの書き方の考え方。

html.jpg

ブログを書いているときにちょっとコードを足したいような初心者さんから、仕事では使っているけどオーサリングツールを使っているから不安なところがあるひと、仕事にしたいけど、自信がないひと。 そんな人達のための考え方を書いてみたいと思います。

HTMLは「プログラム」ではなく、「マークアップ言語」

まず、最初に理解してもらいたいのが、HTMLは「プログラム」じゃないってことです。 「プログラムのような思考がいらない」と言ったほうがいいかもしれません。

マークアップ言語の基本は、「文章を装飾」することにあります。 タグとタグを装飾したい文字列に対して挟むだけ。

タグには意味がある

なんとなく使っているかもしれないタグには、文脈的な意味があります。 意味と一緒に覚えれば、覚えやすいです。
あと、意味付けして覚えておけば、「HTMLの文章的におかしいソースコード」というのが減りますので、きちんと理解したコードを書ける技術につながっていきます。

見出しタグ(Hxタグ)

Hとは「Heading」のこと。日本語でいうところの「文章内の見出し文字」に対して装飾したいときに使います。Hxのxには、数字が入ります。1が一番大きな見出しで、数値が増えるほど強さが弱まります。 スタイルシートで装飾せずとも、現在のブラウザでは太字の大きめの文字で表現してくれます。

文章タグ

文章のひとまとり、段落を挟むタグです。ブラウザでは自動で前後に空間を空けてくれます。昔も今も、この空間が邪魔でスタイルシートで打ち消しちゃうんですが、本当は便利なタグなんです。
段落ごとに挟んでいけば、読みやすい文章が出来上がります。